ホーム > 企業情報 > CMストーリー

CMストーリー


おいしい新商品の開発と並んで、「しんしん」のブランド力を高めるために積極的に展開しているのがマスメディアを活用したPR戦略です。特にテレビCMに関しては、有名なタレントを起用して次々にユニークなコマーシャルフィルムを制作。茶の間の話題をさらっています。

「しんしん」がマスメディアを使ったPRに乗り出したのは、自社ブランド商品の開発を本格化させた昭和30年代後半のことです。坂本九さん・浜美枝さんを起用したラジオ番組「九ちゃん、ハイお嬢さん」のスポンサーとなったほか、商品のポップにプロレスラーのミスター珍さんを起用しました。

昭和48年からはテレビCMに乗り出します。「ひょっこりひょうたん島」の声優としても有名な藤村有弘さんを起用し、単なる商品訴求にとどまらず「しんしん」ブランドを訴求するテレビCMを放映、幅広い支持を受けました。以来、女優のあき竹城さん、ビートたけしさん、越前屋俵太さん、世界的なソムリエの田崎真也さんといったメジャータレントを起用したユニークなテレビCMで茶の間を湧かせてきたのです。

特に、ビートたけしさんのCMは販路拡大に大きな役割を果たしました。1988年、ビートたけしさん率いる株式会社北野印度会社と業務提携し「北野印度シリーズ」で「福神漬け」「らっきょう漬」「しそのみ漬」を発売したのを機に大々的にコマーシャル展開したものです。放映期間はわずか3カ月間でしたが、大きな関心を呼びました。

2000年にはマルチタレントのカイヤさんを起用し、新進の福神漬を手にして「これはカイヤー!!」とインパクトのあるCMを展開しました。



2002年には古川タクさんの可愛らしい野菜アニメーション「ベジターズ」に小林亜星さんの作曲した音楽をフューチャーした楽しいCMで新進のお漬物を強くPRしました。
2012年にはジュレタイプ調味料の発売PRとしてアニメーションによるショートコント風CMを全65パターンオンエアし、その斬新さが注目されました。

そして2013年には九州産のお漬物を、綾小路きみまろさんの語りによる熟年夫婦のコミカルな掛け合いで表現したCMが話題になりました。
これからも楽しいCMをお届けします、お楽しみに!