ホーム > おいしい豆知識 > 7月29日は「福神漬の日」

7月29日は「福神漬の日」

7月29日は「福神漬の日」


どうして7月29日が「福神漬の日」なの?

福神漬の名称の由来である七福神にちなんで7月29日を 「福神漬の日」 として制定し、日本記念日協会 に登録いたしました。 福神漬をPRすることにより、カレーライスの名脇役としての食文化の継承や、他の食シーンへの拡大、野菜が不足しがちな現代人に福神漬による野菜摂取の促進等を願い、七福神の 7(しち) 29(ふく) の語呂合わせでこの日に制定いたしました。 また、カレーの最需要期である夏休みに子供たちに福神漬を添えて食べて頂こうとの思いも込められています。



福神漬という名称の由来はなぁ~に?

多種の野菜を使用したことから、その野菜を七福神の神様になぞらえて福神漬と命名したという説が有力です。 また、ご飯にこれさえあれば他におかずが要らず、食費が浮いてお金が貯まる、まるで福の神のような美味しいお漬物ということで福神漬となったという説もあります。 いずれにせよ福神漬は昔から縁起の良いお漬物として庶民に親しまれ、20世紀初頭の頃、外国航路客船の食堂でカレーライスに添えられて以来、カレーとは絶妙な相性として今日まで愛されてきました。 福神漬はカレーのほかにも、チャーハンやピラフ、オムライス、焼きそばなどとも抜群の相性です。



しんしんの「福神漬」について

株式会社 新進では、1930年(昭和5年)より福神漬を 「新進漬」 の名称で発売し、同社の看板商品として長年にわたり全国で販売してまいりました。 現在は、市販用から業務用まで用途に応じ数多くの種類を揃え、福神漬をカレーの名脇役として、また更に他の食材との組み合わせを常に模索し、研究開発に励んでいます。



株式会社 新進は、この 「福神漬の日」 を全国の消費者の皆様に認知していただき、この伝統の食品 「福神漬」 にさらに愛着を持っていただけるよう願っております。



7月29日は福神漬の日


しんしんの福神漬ラインナップ

カレーと相性ぴったりのしんしんの福神漬。みなさまのお好きな福神漬で食卓を彩ってみてはいかがでしょう。