ホーム > レシピ > 田崎真也の漬け物料理教室 > 地鶏とたまりにんにくの炊き込み御飯 串揚げ添え
田崎真也の漬け物料理教室

地鶏とたまりにんにくの炊き込み御飯 串揚げ添え

地鶏とたまりにんにくの炊き込み御飯 串揚げ添え
このレシピに使った商品

  • たまりにんにく

材 料
(炊き込み御飯)
・地鶏もも肉・・・100g(1cm角)
・地鶏骨(ガラ もしくは市販のブイヨン)・・・1羽分
・たまりにんにく・・・1/3袋
・醤油・・・小さじ2
・味りん・・・小さじ1
・塩・・・適量
(串揚げ)
・地鶏もも肉・・・150g
・たまりにんにく・・・適量
・小麦粉、水溶き卵、パン粉・・・適量
・塩、コショウ・・・適量
・竹串
コメント
「たまりにんにくは」、そのまま食べてもワインや焼酎、日本酒、ビールなど に良く合うつまみであるように、バランスのとれた味わいを持っています。また、ごはんに合わせても美味しい たまりにんにくは、今回の炊き込みごはんのように鶏などの肉類といっしょになることで、ごはんも鶏も 味わいがよりふくよかに広がります。

さらに、たまりにんにくを揚げてみるとにんにくの旨味と甘味が一層ふくらみ、これもいっしょに揚げた鶏のもも肉のジューシーな味わい に調和し、香ばしい風味がごはんとマッチします。
この料理に合うワイン
ビールにもよく合う料理ですが、ワインと合わすならば・・・
オーストラリア産 シャルドネ(白ワイン)
南フランス ヴァン・ド・ペイ・ドックのシャルドネ(白ワイン)
イタリアのヴァルポリチェッラ(軽い赤ワイン)
南フランス  タヴェル(ロゼ 辛口)
などが良いでしょう。

作り方

(1)(炊き込み御飯)
ガラを水洗いし血抜きをします。水をひたひたに入れ火にかけ、沸いたら弱火にしてことことと約1時間煮込みだしをとります。出し汁を米の1.1倍と醤油 味醂 塩を加え1cm角に切ったもも肉、スライスに切ったたまりにんにくも加え炊き込み御飯にします。

(2)(串揚げ)
もも肉を1.5cm角に切り塩、コショウで下味をつけます。

(3)竹串にたまりにんにく、もも肉を交互に差し込みます。

(4)(3)に薄く小麦粉をつけとき卵、パン粉をつけ180℃の油できつね色に揚げて、炊き込み御飯の上に盛り付けます。


抗菌力アップににんにくを!!

にんにくの臭いの成分「アリシン」は、強力な殺菌力や抗菌力を持っています。このアリシンを含むにんにくの揮発油は、12万倍に薄めてもチフス菌やコレラ菌に対して抗菌力を発揮するほど強力です。 さらに、にんにくには、内蔵を暖め、胃腸を丈夫にし、水分代謝を活発にする作用があるので、カゼや疲労回復、胃弱、神経痛・筋肉痛、不眠症・冷え性、動脈効果・高血圧の予防などにもいい食べ物です。




田崎真也の漬け物料理教室トップページへ戻る