ホーム > レシピ > 田崎真也の漬け物料理教室 > 鶏唐揚げ たくあんのあんかけ
田崎真也の漬け物料理教室

鶏唐揚げ たくあんのあんかけ

鶏唐揚げ たくあんのあんかけ
このレシピに使った商品

材 料
【唐揚げ】
・鶏もも肉・・・250g
・小麦粉・・・大さじ3杯
・濃口しょうゆ・・・大さじ2杯
・酒・・・大さじ1杯
・塩、こしょう・・・少々
・おろしにんにく・・・小さじ2杯
【あんかけ】
・静岡たくあん・・・1/3本
・ブイヨン・・・1カップ
・酒・・・大さじ1杯
・みりん・・・大さじ1杯
・濃口しょうゆ・・・大さじ1杯
・片栗粉・・・適量
・ごま油・・・大さじ1杯

作り方
(1) 小さなビニール袋に一口大に切ったもも肉と共に他の唐揚げの材料をすべていれ、全体に良く混ぜる。
(2) 170℃の油で(1)をよく揚げる。
(3) 鍋にブイヨン、酒、しょうゆ、みりんを熱し、千切りに切った静岡たくあんを加え、水溶き片栗粉でトロミをつけ、ごま油で香りをつける。
(4) (2)の唐揚げを(3)の鍋に入れ、サッとからめて皿に盛る。


ソムリエ田崎真也のクッキングアドバイス

日本の漬け物を代表するもののひとつである “たくあん” は、その甘味と辛味、旨味などの味わいのバランスに加え、コリコリとする歯ごたえから、そのままいただく他に、別の相反する素材と組み合わせても良く、たとえば、納豆と合わせたり、まぐろのトロと合わせた “トロタク” なども、その特徴を生かした食べ方だと思います。

今回は、鶏の唐揚げという、すでに完成度の高い料理に対し、鶏のブイヨンをベースにしたあんかけを作り、歯ごたえと味わいの個性を持った静岡たくあんを刻み、加えてみました。

このあんかけは、かつおと昆布のだしをベースにし、魚のフライやソテーに合わせたり、豚肉の細切りに粉をつけて炒めたものとからめたりと応用することができ、ビールや日本酒、焼酎はもちろんのこと、シャルドネ種を使ったコクのある辛口白ワインとも楽しむことができるでしょう。




田崎真也の漬け物料理教室トップページへ戻る