ホーム > レシピ > 田崎真也の漬け物料理教室 > しば漬と小柱のかきあげそば
田崎真也の漬け物料理教室

しば漬と小柱のかきあげそば

しば漬と小柱のかきあげそば
このレシピに使った商品

材 料
・しば漬・・・好みで適量
・小柱・・・好みで適量
・天ぷら粉・・・適量
・揚げ油・・・適量
・そば・・・好みのタイプ適量

作り方
(1) お好みのそばを用意しておく。
(2) しば漬の水気をきり、適当な大きさ(小柱と同じくらい)に切り、ボールに入れ小柱と合わせる。
(3) 天ぷら粉を冷水でとき、(2) にからめ、かきあげのベースを作る。
(4) (3) を180℃の油でサクっと揚げ、準備をしておいたそばを仕上げ盛り付ける。


ソムリエ田崎真也のクッキングアドバイス

しば漬の赤しその葉の香りは、その香りそのものが炊きたてのご飯によく合います。したがって米や小麦粉を使った料理などの調味料的な役割も果たし、今回のように掻揚げのアクセントとして加えると、天つゆをつけなくともしば漬の心地よくフレッシュな酸味が天ぷらの衣の味をより上品により引きしめて感じさせます。シュウマイや餃子の具の中に少量加えたり、また豚や鶏、エビやタコなどと炒めても引き立ちます。

しっかりと使った場合は、ボージョレなどの軽い赤ワインを少し冷やして味わうと相性が良く、また今回の掻揚げをそのままおつまみとしていただくならば、辛口のロゼワインなども良いでしょう。ひとり2枚づつ揚げて、1枚目はおつまみとして、2枚目をそばやうどんで楽しむのはいかがでしょうか。




田崎真也の漬け物料理教室トップページへ戻る